--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある一室

2009年06月12日

32_2_0013.jpg

事情あって職場の倉庫で寝泊りしてた頃の部屋を再現してみました。
奥は在庫の箱でぎゅうぎゅうだったので、ここだけ少しスペースがあったので整理してお布団ひいてテレビ置いて少し生活しやすくしました。
テレビを置いたけど、結局観るのは天気予報とニュースくらいだった。
水道の水は錆びてて飲めなかったので口にせず、洗濯したら錆びでよごれるのでよそで洗濯。
日が射さない場所だったので常に薄暗く、車の音が忙しなく鳴り響きタクシー同士のトラブルなのか怒鳴り声とともに良く目覚めたものです。


小さい頃、この部屋の隣とお向かいの部屋は幼馴染の自宅だった。
その頃はまだこの部屋の水道の水も澄んでいた。
お隣の子は国籍が違うせいで差別されていたけど、とても笑顔の明るい子でした。
兄弟のように毎日のように遊んだっけ。

お向かいの子は親御さんが夜働きに出ていたので、良く世話を頼まれていた。
最初は嫌だったけど仲良しになって、近所の蝉がたくさんの木に行って昆虫採集をした。
ある日突然居なくなったけど、元気で暮らしていると思いたい。

そんな事を思い出しながら、過ごしたのは一ヶ月くらいだったけど、すごく貴重な時間でした。
娯楽もほとんどなく、寝て起きて仕事するのサイクルだったけど、そういう時間があってもいいと思えた。


現在、この場所は取り壊してもうないけれど、何事にも変えられない風が今も私の中を吹いている。



コメント

  1. ドミ | URL |

    じーん(*゚ω゚*)

    あまりよくない環境でも、そうやって色々な人たちと接したり
    考えたり遊んだり…思い出として残ってるって素敵ですね。

    過酷なお仕事だったのかもしれないけれど、そんな場所が
    今でも思い起こされるってすごい事だと思います!

    こまさんにとっても一緒に過ごした人たちにとっても
    きっと今ではいい思い出なんだと思います(*´ω`*)
    あと雰囲気かもしだすシムのお部屋がいい感じですw

  2. こま | URL |

    >>ドミさん
    小さい頃から色んな環境で育ったので、この場所で暮らすのもそう苦ではなかったです(´ω`)
    寝転がっていると、子供達の声が今にも聞こえてきそうで懐かしく思えました。
    どれもいい思い出!

    この部屋はいい感じで再現できましたw
    ぽちょーんぽちょーんと水道の水が落ちる音が聞こえてきそうですw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koma3blog.blog19.fc2.com/tb.php/277-83a2c7e0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
株の仕組み
  • 管理画面